SGRAイベントへのお誘い

第70回SGRAフォーラム「木造建築文化財の修復・保存について考える」へのお誘い

下記の通り第70回SGRAフォーラム「木造建築文化財の修復・保存について考える」をオンラインで開催いたします。参加ご希望の方は、事前に参加登録をお願いします。一般聴講者はカメラもマイクもオフのウェビナー形式で開催しますので、お気軽にご参加ください。

 

テーマ:「木造建築文化財の修復・保存について考える」

日 時:2023年2月18 日(土)午後1時~午後4時(日本時間)

方 法: オンライン(Zoom ウェビナーによる)

言 語:日中韓3言語同時通訳付き

 

参加申込(クリックして登録してください)

お問い合わせ:SGRA事務局(sgra@aisf.or.jp +81-(0)3-3943-7612)

SGRA Forum Poster

 

■フォーラムの趣旨

東アジアの諸国は共通した木造建築文化圏に属しており、西洋と異なる文化遺産の形態を持っています。第70回SGRAフォーラムでは、国宝金峯山寺(きんぷせんじ)二王門の保存修理工事を取り上げ、日本の修理技術者から現在進行中の文化財修理現場をライブ中継で紹介していただきます。続いて韓国・中国・ヨーロッパの専門家と市民の代表からコメントを頂いた上で、視聴者からの質問も取り上げながら、専門家と市民の方々との間に文化財の修復と保存について議論の場を設けます。

 

今回のフォーラムを通じて、木造建築文化財の修復方法と保存実態をありのままお伝えし、専門家と市民の方々との相互理解を推進したいと考えております。

 

今回のフォーラムを実現することを可能にしてくださった、金峯山寺と奈良県文化財保存事務所に心からお礼を申し上げます。

 

 

■プログラム
総合司会 李 暉(奈良文化財研究所 アソシエイトフェロー/SGRA)

 

13:00 フォーラムの趣旨、登壇者の紹介
13:15 話題提供 竹口泰生(奈良県文化財保存事務所金峯山寺出張所 主任)

 

[討論]
モデレーター: 金 玟淑(京都大学防災研究所 民間等共同研究員/SGRA)
14:20 韓国専門家によるコメント
――――― 姜 璿慧( 伝統建築修理技術振興財団 企画行政チームリーダー)
14:35 中国専門家によるコメント
――――― 永 昕群(中国文化遺産研究院 研究館員)
14:50 ヨーロッパ専門家によるコメント
――――― アレハンドロ・マルティネス(京都工芸繊維大学 助教)
15:05 市民によるコメント
――――― 塩原フローニ・フリデリケ(BMW GROUP Japan/SGRA)
15:20 視聴者からの質疑応答(Q&A機能を使って)

 

※同時通訳:

日本語⇔中国語:丁 莉(北京大学)、宋 剛(北京外国語大学/SGRA)
日本語⇔韓国語:李 ヘリ(韓国外国語大学)、安 ヨンヒ(韓国外国語大学)
中国語⇔韓国語:朴 賢(京都大学)、金 恵蘭(フリーランス)

 

※プログラムの詳細は、下記リンクをご参照ください。

プロジェクト概要

 

中国語版ウェブサイト

韓国語版ウェブサイト