SGRAイベントへのお誘い

第18回SGRAカフェ「韓日米の美術史を繋ぐ金秉騏画伯」へのお誘い

下記の通り第18回SGRAカフェをオンラインにて開催いたします。参加ご希望の方は、事前に参加登録をお願いします。聴講者はカメラもマイクもオフのZoomウェビナー形式で開催しますので、お気軽にご参加ください。

 

テーマ:「韓日米の美術史を繋ぐ金秉騏画伯」

日 時: 2022年10月29日(土)11:00~12:30

方 法: Zoomウェビナー による

言 語: 日本語・韓国語(同時通訳付き)

主 催: (公財)渥美国際交流財団関口グローバル研究会 [SGRA] 

申 込: こちらよりお申し込みください

 

お問い合わせ:SGRA事務局(sgra@aisf.or.jp +81-(0)3-3943-7612)

 

 

■ フォーラムの趣旨

1916年に平壌に生まれた金秉騏(キム・ビョンギ)は1930年代に学生として東京で過ごし、1947年以降はソウルで教育者・評論家として活躍、1965年にアメリカに渡りました。晩年は韓国に戻り、今年2022年3月1日に105歳で亡くなるまで具象と抽象をさまよう魅力的な絵を描き続けました。韓国ではオーラルヒストリー・インタビューを多く受けて、韓国美術史における時代の重要な証人と見なされています。

金秉騏の長いキャリアを通してアートの世界的な動きをさかのぼることができる一方、どの国の美術史にも簡単には収まりきらない様々な活動の軌跡を見ることができます。この企画では金秉騏画伯の韓国・日本・アメリカ美術史における立ち位置を示し、それらの美術史上の接点、空白、そして限界について語り合い議論していきます。

 

 

 

■  プログラム 

 

挨拶、カフェの趣旨、発表者の紹介    

ヤン・ユー グロリア九州大学人文科学研究院広人文学コース講師

 

問題提起:金秉騏の人生と画業 

コウオジェイ、マグダレナ東洋英和女学院大学国際社会学部国際コミュニケーション学科講師

 

2016年10月に東京で開かれていた小さな個展で初めて金秉騏画伯と出会った。それ以来、2019年12月まで数回にわたりオーラルヒストリーインタビューを行った。本発表では、前半にその最初の出会いを振り返り、その後の調査と先行研究に基づき、朝鮮半島・日本・アメリカで活躍した画伯の人生と芸術を紹介する。後半では、私たちのアイデンティティと深く結びついている「国史としての美術史」の特徴と、一方で、国家の枠組みで近現代美術史を語る困難について考察する。韓日米それぞれの美術史における画伯の立場についての私の分析をスタートとし、討論者に問いを投げかける。本カフェが従来の美術研究の偏りや見落としていたことに目を向ける、研究者の対話の場となることを期待する

 

 

討論:韓国の美術史における金画伯の立場とそこから見えてくる韓国美術史の特徴 

朴慧聖韓国国立現代美術館学芸員

 

討論:日本の美術史における金画伯の立場とそこから見えてくる日本美術史の特徴

五十殿利治 筑波大学 名誉教授

 

討論:米国の美術史における金画伯の立場とそこから見えてくる米国美術史の特徴 

山村みどりニューヨーク市立大学キングスボロー校准教授

 

座談会と質疑応答

 

まとめの言葉、締めの挨拶

 

韓国語版サイト