SGRAスケジュール

第58回SGRAフォーラム「アジアを結ぶ?『一帯一路』の地政学」へのお誘い

下記の通りSGRAフォーラムを開催いたします。参加ご希望の方は、事前にお名前・ご所属・緊急連絡先をSGRA事務局宛ご連絡ください。

 

テーマ:「アジアを結ぶ?『一帯一路』の地政学」

日時:2017年11月18日(土)午後1時30分~4時30分 その後懇親会
会場:東京国際フォーラム ガラス棟 G610 号室

参加費:フォーラムは無料 懇親会は賛助会員・学生1000円、メール会員・一般2000円
お問い合わせ・参加申込み:SGRA事務局(sgra-office@aisf.or.jp, 03-3943-7612)

 

 

◇フォーラムの趣旨

 

中国政府は2013年9月から、シルクロード経済ベルトと 海上シルクロードをベースにしてヨーロッパとアジアを連結させる「一帯一路」政策を実行している。「一帯一路」政策の内容の中心には、中国から東南アジア、中央アジア、中東とアフリカを陸上と海上の双方で繋げて、アジアからヨーロッパまでの経済通路を活性化するという、習近平(シーチンピン)中国国家主席の意欲的な考えがある。しかし、国際政治の秩序の視点から観れば、「一帯一路」政策が単純な経済目的のみを追求するものではないという構造を垣間見ることができる。

 

「一帯一路」政策は、表面的にはアジアインフラ投資銀行(AIIB)を通じた新興国の支援、融資、そしてインフラ建設などの政策が含まれており、経済発展の共有を一番の目的にしているが、実際には、貿易ルートとエネルギー資源の確保、そして東南アジア、中央アジア、中東とアフリカにまで及ぶ広範な地域での中国の政治的な影響力を高めることによって、これまで西洋中心で動いて来た国際秩序に挑戦する中国の動きが浮かび上がってくる。

 

本フォーラムでは、中国の外交・経済戦略でもある「一帯一路」政策の発展を、国際政治の観点から地政学の論理で読み解く。「一帯一路」政策の背景と歴史的な意味を中国の視点から考える基調講演の後、日本、韓国、東南アジア、中東における「一帯一路」政策の意味を検討し、最後に、4つの報告に関する議論を通じて「一帯一路」政策に対する日本の政策と立ち位置を考える。

 

◇プログラム
詳細はこちらをご覧ください。

 

【基調講演】

「一帯一路構想は関係諸国がともに追いかけるロマン」

朱建栄(Prof. Jianrong ZHU)東洋学園大学教授

 

【研究発表1】

「戦後日本の対外経済戦略と『一帯一路』に対する示唆」

李彦銘(Dr. Yanming LI)東京大学教養学部特任講師

 

【研究発表2】

「米中の戦略的競争と一帯一路:韓国からの視座」

朴 栄濬 (Prof. Young June PARK) 韓国国防大学校安全保障大学院教授

 

【研究発表3】

「『一帯一路』の東南アジアにおける政治的影響:ASEAN中心性と一体性の持続可能性」

古賀慶 (Prof.Kei KOGA)シンガポール南洋理工大学助教

 

【研究発表4】

「『一帯一路』を元に中東で膨張する中国:パワーの空白の中で続く介入と競争」

朴 准儀(Dr.June PARK)アジアソサエティ

 

【フリーディスカッション】「アジアを結ぶ?『一帯一路』の地政学」

-討論者を交えたディスカッションとフロアとの質疑応答-

モデレーター:平川均(Hitoshi Hirakawa)国士舘大学21世紀アジア学部教授

討論者:西村豪太 (Gouta NISHIMURA) 『週刊東洋経済』編集長