「国史たちの対話」とは

日本・中国・韓国における国史たちの対話の可能性

 

東アジアにおいては「歴史和解」の問題は依然大きな課題として残されている。講和条約や共同声明によって国家間の和解が法的に成立しても、国民レベルの和解が進まないため、真の国家間の和解は覚束ない。歴史家は歴史和解にどのような貢献ができるのだろうか。

 

日本の日本史研究者、中国の中国史研究者、韓国の韓国史研究者が対話をすることによって、「国史」と東アジア国際関係史の接点に今まで意識されてこなかった新たな歴史像があるのではないかと期待される。

もちろん、本会議は立場によってさまざまな歴史があることを確認することが目的であり、「対話」によって何等かの合意を得ることが目的ではない。

 

渥美国際交流財団は2015年7⽉に第49回SGRA(関⼝グローバル研究会)フォーラムを開催し、「東アジアの公共財」及び「東アジア市⺠社会」の可能性について議論した。そのなかで、先ず東アジアに「知の共有空間」あるいは「知のプラットフォーム」を構築し、そこから和解につながる智恵を東アジアに供給することの意義を確認した。

 

このプラットフォームに「国史たちの対話」のコーナーを設置したのは2016年9⽉の第3回アジア未来会議の機会に開催された第1回「国史たちの対話」であった。いままで3カ国の研究者の間ではさまざまな対話が⾏われてきたが、各国の歴史認識を左右する「国史研究者」同⼠の対話はまだ深められていない、という意識から、先ず東アジアにおける歴史対話を可能にする条件を探った。具体的には、三⾕博先⽣(東京⼤学名誉教授)、葛兆光先⽣(復旦⼤学教授)、趙珖先⽣(⾼麗⼤学名誉教授)の講演により、3カ国のそれぞれの「国史」の中でアジアの出来事がどのように扱われているかを検討した。

 

第2回対話は、⾃国史と国際関係をより構造的に理解するために、「蒙古襲来と13世紀モンゴル帝国のグローバル化」というテーマを設定した。2017年8⽉北九州にて、⽇本・中国・韓国・モンゴルから11名の国史研究者が集まり、各国の国史の視点からの研究発表の後、東アジアの歴史という視点から、朝貢冊封の問題、モンゴル史と中国史の問題、資料の扱い⽅等について活発な議論が⾏われた。この会議の諸発表は、東アジア全体の動きに注⽬すると、国際関係だけでなく、個別の国と社会をより深く理解する⼿掛りも⽰すことを明らかにした。

 

第3回対話はさらに時代を下げて「17世紀東アジアの国際関係」と設定した。2018年8⽉ソウルに⽇本・中国・韓国から9名の国史研究者が集まり、⽇本の豊⾂秀吉と満洲のホンタイジによる各2 度の朝鮮侵攻と、その背景にある銀貿易を主軸とする緊密な経済関係、戦乱の後の安定について検討した。また、3回の国史対話を振り返って次に繋げるため、早稲⽥⼤学主催による「和解に向けた歴史家共同研究ネットワークの検証」のパネルディスカッションが開催された。

 

第4回対話は「『東アジア』の誕⽣−19 世紀における国際秩序の転換−」というテーマで、2020年1⽉にフィリピンのマニラ市近郊に⽇本・中国・韓国から国史研究者が集まり、各国の「⻄洋への認識」「伝統への挑戦と創造」「国境を越えた⼈の移動」について論⽂発表と活発な討論が⾏われた。西洋の諸国がグローバル化の運動を北太平洋まで及したとき、日中韓の関係は政治・経済・通信のいずれの面でも緊密化し始め、その中で「東アジア」を一体のリージョンと見なす想像力が生れた。このような東アジアの国際秩序の変化、その中での各国の国内秩序の変化を主題に国際対話を試みた。

 

第5回対話は「19世紀東アジアにおける感染症の流⾏と社会的対応」というテーマで、コロナ禍中の2021年1月に完全オンライン形式で開催され、東アジア地域で持続的に続く交流の歴史の中で、感染症の発⽣と流⾏が⽇中韓3国に及ぼした影響と社会的対応の様相を検討した。19世紀に感染症の問題を各国がどのように認識し、如何に対応策を⽤意したかを⾒、さらに各国の相互協⼒とその限界について考えた。各国からの論文発表に加え、過去4回の参加者がパネリストとして多数参加し、活発な討論が行われた。新型コロナウイルス感染症流行により、やむを得ずオンライン開催となったものの、結果としてはZoomウェビナーというプラットフォームを得ることとになり、新たな展開につながる有意義な対話となった。

 

3か国語に対応したレポートの配布とリレーエッセイのメールマガジン等により、円卓会議参加者のネットワーク化を図る。

 

■国史たちの対話レポートバックナンバー

第1回国史対話レポート「⽇本・中国・韓国における国史たちの対話の可能性」

 

第2回国史対話レポート「蒙古襲来と13 世紀モンゴル帝国のグローバル化」

 

第3回国史対話レポート「17世紀東アジアの国際関係─戦乱から安定へ」

 

第4回国史対話レポート「『東アジア』の誕⽣−19世紀における国際秩序の転換−」

 

 

メールマガジンのバックナンバー