SGRAメールマガジン バックナンバー

Emanuele Davide Giglio “My Nichiren (3): Religious Autonomy”

**********************************************
SGRAかわらばん733号(2018年7月19日)

【1】エッセイ:ジッリォ「私の日蓮(3):宗教的主体性」

【2】第11回SGRAカフェへのお誘い(再送)
  「林泉忠:日中台の微妙な三角関係」
**********************************************

【1】 SGRAエッセイ#575

◆エマヌエーレ・ダヴィデ・ジッリォ「私の日蓮(3):宗教的主体性」

「私の日蓮(1):日蓮研究に至った背景について」

エッセイ561:エマヌエーレ・ダヴィデ・ジッリォ「私の日蓮:日蓮研究に至った背景について」

「私の日蓮(2):日蓮の多面性」

エッセイ566:ジッリォ「私の日蓮(2):日蓮の多面性」

〇「思想史的研究」と「宗教的注釈」との違いについて

日蓮宗の宗派と教団は大きく2つに分けられる。

ひとつは、日蓮宗の日興門流から派生した宗派と教団で、いわゆる「富士門流」である。今日その流れを受け継いでいる教団では日蓮正宗と創価学会が数えられる。基本的に日蓮の正体を、多くの大乗経典でいう「仏」、すなわち永遠な存在として扱っている。そのため、筆者が研究している日蓮の「写本遺文」(「日蓮遺文」の40%)のような、後代の弟子たちに偽造されたかもしれない文献でも、日蓮と同じ精神性を示していると思われるなら、直ちに彼自身に帰せられても問題ないという立場に立つ。

だが、この主体性を前提に「思想史的研究」を行えば、「思想史的研究」よりも「宗教的注釈」になるのではないかと考えている。「宗教的注釈」ならば歴史を超えた「何か」、たとえば永遠な存在としての日蓮の精神性に拠ろうとしても、それはそれで問題ないかもしれない。だが、「思想史的研究」は「思想史」すなわち「歴史」でないといけないので、歴史を超えていると思われる「何か」を基準に進んでいくのを避けなければならない。となれば、研究は歴史を超えた普遍性という幻想を諦めたところで仮言的言明にとどまり、「疑い」であり続けるという「科学性」を有しなければならないことになる。

上記以外の宗派と教団とは、「身延門流」を指している。日蓮を基本的に「仏」ではなく、「人」として扱っている。「人」として扱い、研究をすれば、筆者が研究している「写本遺文」のような、日蓮という「人」自身のものではないかもしれないという文献の「日蓮らしさ」を「疑う」のは一見妥当であろう。だが、「日蓮の真作かどうかはわからない」「偽作なのかもしれない」と歴史学的に「疑う」ということが、宗教的にも「信じてはならない」という立場に突然飛んでいくことになれば、大きな問題が出てくる。

「疑う」という点では上述の教団のような主体性を前提とする試みよりはもう少し科学性を示しているかもしれない。しかし、その裏にはまた護教的で宗教的な「何か」、すなわち鎌倉期の他の仏教思想などに対して日蓮の「純粋さ」を護ろうという目的が潜んでいる点では、日蓮の出発点としての歴史的背景との不可避な影響関係まで完全に無視してしまうことになる。そのため、「思想史的研究」よりは結局、「富士門流」とは違う形であれ日蓮の歴史性を超えようとする「宗教的注釈」に再び偏ってしまうのではないかと考えている。

〇「主体性」の選択について

宗教は己の都合のために、科学だろうとなんだろうと、何を活かそうとしても問題はないのかもしれない。仏教はある時点から確かに「富士門流」と同じような主体性で大乗経典を「仏」に帰せて受け容れたのだから、今度は科学思想まで受け容れて、活かそうとしても問題ないのかもしれない。だが、宗教は歴史性と理性の世界を超えようとする。対して、科学は基本的に理性の活動であり、「過去の無知から現在の研究へ、そして現在の研究から未来の進歩へ」という方向性のある時間、すなわち「歴史」の中で己を根強く位置付けている。そのため、とある文献の救済力まで測定できる計算機が存在するかどうかはっきりしない限り、歴史的かつ科学的に「偽作」だと言っても、宗教的かつ救済論的にも「信じてはならない」、要するに「人を救う力がない」というようなことになることは一切ないであろう。

以上の理由を踏まえて、日蓮遺文の「思想史的研究」をするのであれば、日蓮をひとまず「歴史的人物」として扱うのが最も妥当であり、その点では「富士門流」のような主体性は避けるべきであると考えている。だがそれと同時に、日蓮の歴史性まで完全無視してしまったときの「身延門流」をも避けなければならない。「宗教的主体性」については以上である。(つづく)

<エマヌエーレ・ダヴィデ・ジッリォ☆Emanuele_Davide_Giglio>
渥美国際交流財団2015年度奨学生。トリノ大学外国語学部・東洋言語学科を主席卒業。産業同盟賞を受賞。2008年4月から日本文科省の奨学生として東京大学大学院・インド哲学仏教学研究室に在籍。2012年3月に修士号を取得。現在は博士後期課程所定の単位を修得のうえ満期退学。博士論文を修正中。身延山大学・東洋文化研究所研究員。

-・-・-・-・-・-・-・-

【2】第11回SGRAカフェへのお誘い(再送)

SGRAでは、良き地球市民の実現をめざす(首都圏在住の)みなさんに気軽にお集まりいただき、講師のお話を伺い、議論をする<場>として、SGRAカフェを開催しています。下記の通り第11回SGRAカフェを開催しますので、参加ご希望の方はSGRA事務局へお名前、ご所属と連絡先をご連絡ください。

◆林泉忠「日中台の微妙な三角関係」

日時:2018年7月28日(土)15時~16時半、その後懇親会
会場:渥美財団ホール http://www.aisf.or.jp/jp/map.php
会費:無料
参加申し込み・問合せ:SGRA事務局<sgra-office@aisf.or.jp>

講師略歴:
●林泉忠(リン・センチュウ Lim Chuan-Tiong)
台湾中央研究院近代史研究所副研究員、国際政治学専攻。2002年東京大学より博士号(法学)を取得、琉球大学法文学部准教授、またハーバード大学フェアバンク・センター客員研究員などを歴任。2012年より現職。著作に『「辺境東アジア」のアイデンティティ・ポリティクス:沖縄・台湾・香港』(単著、明石書店、2005年)。

講師からのメッセージ:
李克強首相の訪日により日中関係が暫く良好な方向に向かう見通しなので、2年前の蔡英文政権の発足で「黄金期」を迎えたと期待される日台関係は難しい段階に入ると思われます。そもそも日中関係と日台関係はどのような関係にあるのでしょう?中国にとっていわゆる「台湾問題」は対日関係に影響する3大要因のひとつであり、日本にとっての中国は経済上の最大のパートナーで最も重要な対外関係のひとつです。他方、日本と台湾は国交がないにも関わらず、互いに親近感が最も高く民間関係は最良な状態が続いています。さらに、日本でも注目される中台関係はよくも悪くも日中関係にも影響を与えています。いったい、複雑で微妙な日中台三角関係をいかに捉えればよいのでしょうか。
皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

ちらしを下記リンクよりご覧ください。
http://www.aisf.or.jp/sgra/wp-content/uploads/2018/06/11thSgraCafeV4.pdf

*********************************************
★☆★SGRAカレンダー
◇第11回SGRAカフェ(2018年7月28日、東京)
「日中台の微妙な三角関係」<参加者募集中>

第11回SGRAカフェ「日中台の微妙な三角関係」へのお誘い


◇第4回アジア未来会議「平和、繁栄、そしてダイナミックな未来」
(2018年8月24日~8月28日、ソウル市)
論文・参加者募集は終了しました。
http://www.aisf.or.jp/AFC/2018/
☆アジア未来会議は、日本で学んだ人や日本に関心がある人が集い、アジアの未来について語る<場>を提供します。

●「SGRAかわらばん」は、SGRAフォーラム等のお知らせと、世界各地からのSGRA会員のエッセイを、毎週木曜日に電子メールで配信しています。どなたにも無料でご購読いただけますので、是非お友達にもご紹介ください。
●登録および配信解除は下記リンクからお願いします。

無料メール会員登録


●エッセイの転載は歓迎ですが、ご一報いただければ幸いです。
●配信されたエッセイへのご質問やご意見は、SGRA事務局にお送りください。事務局より著者へ転送します。
●皆様のエッセイを募集しています。SGRA事務局へご連絡ください。
●SGRAエッセイやSGRAレポートのバックナンバーはSGRAホームページでご覧いただけます。
http://www.aisf.or.jp/sgra/active/sgra/

関口グローバル研究会(SGRA:セグラ)事務局
〒112-0014
東京都文京区関口3-5-8
(公財)渥美国際交流財団事務局内
電話:03-3943-7612
FAX:03-3943-1512
Email:sgra-office@aisf.or.jp
Homepage:http://www.aisf.or.jp/sgra/
**************************************************