SGRAメールマガジン バックナンバー

Lalita Haritaipan “My Experience as a Ph.D. Student”

*********************************************
SGRAかわらばん771号(2019年5月16日)

【1】エッセイ:ハリタイパン「博士学生の私が体験したこと」

【2】寄贈書紹介:包聯群「現代中国における言語政策と言語継承」
*********************************************

【1】SGRAエッセイ#595(私の日本留学シリーズ#30)

◆ハリタイパン・ラリター「博士学生の私が体験したこと」

博士課程の学生2人に1人は心理的苦痛を経験し、3人に1人は精神病のリスクがある。これは3000人以上の博士学生を対象とした調査の結果である。この調査によると、よくある症状としては、持続的な過労、憂鬱、心配による不眠などが挙げられる。この事実から、博士学生が抱えている問題を軽視してはいけないと言えるだろう。それで、私は生き残った1人の博士学生として、自分の3年間の経験を述べたい。決して全ての博士学生に同じような問題があるわけではないが、共感できる部分は少なからずあると思う。

私は子供の頃から勉強の面では成功していた学生だったが、博士課程の途中で気づいたら自信をどこかに失っていた。立場はまだ学生のままでも、勉強のプロセス・責任感が前と全く異なっていた。修士までは、試験でも研究でも与えられた問題を解決することに過ぎなかった。しかし、博士の研究は問題を見つける段階から全て自分の責任になった。また、その実績の判断手法も変わった。過去問があればできる試験問題のような学部生活はもうなかった。研究で何とか結果を出せば修了できる修士の生活ももう終わった。私の大学では、互いに面識のないレビュアーに論文を読ませて、納得させることができたら、論文を投稿できる。この論文数が修了要件である。つまり、勉強などの自分がコントロールできるものだけではなく、論文審査時間・レビュアー個人の意見などの自分でコントロールできないものもある。私のストレスの原因は主に自分でコントロールできないものだった。

論文を投稿するためには、提出先のジャーナルを選択することがとても大事だと体験した。私の分野では、ある程度有名なジャーナルだと、審査期間が短くて3ヶ月、長い時は6ヶ月以上もかかるのが普通である。審査期間の長いジャーナルに出してしまったら、博士課程の修了期間内に間に合わない。しかし、平均審査期間の情報は公開されないことが多い。しかも、私の論文をジャーナルに提出する前に、元指導教員による確認期間が9ヶ月以上もかかったので、最終的に提出できたのは、去年のはじめ頃だった。この確認期間を待っていたことが、私にとってストレスだった。元指導教員に何回聞いても「確認している」という返事ばかりだった。それでもなお私は先生の言葉を信じ続けていたが、ある日、突然海外に異動することを伝えてきた。その時、やっと自分が修了したいならもう自分でやるしかないと気付いた。

結局、私は指導教員を途中で変えることになった。しかし、この転機こそが修了できた理由だと考えている。自分でできることはやるしかないと考えを改めた私は、その後、自分でコントロールできないものはもう運に任せて、自分のコントロールできるものだけに集中し、投稿できる論文数の確率を稼ぐために、何本も論文を書き出した。審査中の論文を待ちながら、別の論文を書くか別の実験をするようにした。新指導教員の専門は、私の以前の研究と分野が同じではなかったものの、ありがたいことに論文の理論的な相談や面倒を見て頂いた。また、私が置かれていた状況についても理解してくださって、国際会議の出席許可と予算も出して頂いた。初めはめちゃくちゃだった博士論文も最終的には全体の筋が通るようになった。

この期間、私は全ての時間を研究や論文に使ったわけではなく、休みや遊ぶ時間もあった。しかし、気持ち(心情)的にはずっと疲れていた。遊んでいる時も、心から楽しめなかった。休んでも、まだ研究についての不安が頭の中のどこかにずっとあった。自分のやりたいことを始めようとしたら、罪悪感を感じてしまう。結局、携帯をいじって、時間を無駄に過ごし、スッキリした休みも取れず、罪悪感も感じる。このような悪循環の繰り返しだった。このような経験で、途中で諦めようという考えも数回よぎったが、私は期間内にもし自分の出来ること全てやったとしても、それでも修了できないなら自分のせいではないと心を決めてから、自分にかける圧力を減らすことができた。

博士修了と言っても単なる博士号だけなので、人によっては博士修了証明書がただの使わない紙になるかもしれない。学位よりも有意義なのは、学位を取得するための道の途中での経験である。研究で発見した知識より、新しい知識を発見するための方法の方が大事だ。人生において最も困難な経験かもしれないが、一生懸命に頑張って、障害を乗り越えたことは、教科書を超えた貴重なレッスンだと信じている。

最初に紹介した調査は以下からご覧になれます。
Levecque,K.,Anseel,F.,De_Beuckelaer,A.,Van_der_Heyden,J.,&_Gisle,L.(2017).
Work_organization_and_mental_health_problems_in_PhD_students.
Research_Policy,46(4),868-879.
https://doi.org/10.1016/j.respol.2017.02.008

<ハリタイパン・ラリター Lalita_ Haritaipan>
2009年母国タイの高校卒業直後来日、1年間日本語勉強して、2014年東京工業大学制御システム工学科を卒業。2016年同大学大学院機械物理工学専攻修士課程修了。2019年同大学工学院機械系エンジニアリングデザインコース博士課程修了(工学)。現在、株式会社リブ・コンサルティング勤務。将来タイの現地法人に異動予定。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

【2】寄贈書紹介
SGRA会員で大分大学経済学部教授の包聯群さんより新刊編著書をご寄贈いただきましたのでご紹介します。

◆包聯群(編著)「現代中国における言語政策と言語継承(第四巻)」

本書は、2017年11月25日に東京外国語大学本郷サテライトと2018年9月11日に大分大学(大分ホルトホール)にて実施された第六・第七回日中ワークショップ(「現代中国における言語政策と言語継承」)で行われた口頭発表の内容を論文集としてまとめたものである。主に中国国内におけるアルタイ系言語であるダグル語を中心とし、その他の言語やダグル語話者の経験談も含まれている。
本書には「民族言語政策と口語共同体」をめぐる理論的な研究だけでなく、中国の民族言語政策の動向、「口語共同体」についての新たな解釈などが加わっている。

著者 包聯群(編著)
出版社 三元社
出版年月日 2019年3月25日
ISBN 9784883034796
価格 2000円
巻次 第4巻

*********************************************
★☆★SGRAカレンダー
◇第5回アジア未来会議「持続的な共有型成長:みんなの故郷みんなの幸福」
(2020年1月9日~13日、マニラ近郊)<論文(発表要旨)募集中>
※奨学金・優秀賞の対象となる論文の募集は締め切りました。一般論文の投稿(発表要旨)は6月30日まで受け付けます。

Call for Papers


アジア未来会議は、日本で学んだ人や日本に関心がある人が集い、アジアの未来について語る<場>を提供します。

★☆★お知らせ
◇「国史たちの対話の可能性」メールマガジン(日中韓3言語対応)を開始!
SGRAでは2016年から「日本・中国・韓国における国史たちの対話の可能性」円卓会議を続けていますが、関係者によるエッセイを日本語、中国語、韓国語の3言語で同時に配信するメールマガジンを開始しました。毎月1回配信。SGRAかわらばんとは別にお送りしますので、ご興味のある方は下記より登録してください。
http://www.aisf.or.jp/sgra/research/kokushi/

●「SGRAかわらばん」は、SGRAフォーラム等のお知らせと、世界各地からのSGRA会員のエッセイを、毎週木曜日に電子メールで配信しています。どなたにも無料でご購読いただけますので、是非お友達にもご紹介ください。
●登録および配信解除は下記リンクからお願いします。

無料メール会員登録


●エッセイの転載は歓迎ですが、ご一報いただければ幸いです。
●配信されたエッセイへのご質問やご意見は、SGRA事務局にお送りください。事務局より著者へ転送します。
●SGRAエッセイやSGRAレポートのバックナンバーはSGRAホームページでご覧いただけます。
http://www.aisf.or.jp/sgra/active/sgra/
●SGRAは、渥美財団の基本財産運用益と法人・個人からの寄附金、諸機関から各プロジェクトへの助成金、その他の収入を運営資金とし、運営委員会、研究チーム、プロジェクトチーム、編集チームによって活動を推進しています。おかげさまで、SGRA の事業は発展しておりますが、今後も充実した活動を継続し、ネットワークをさらに広げていくために、皆様からのご支援をお願い申し上げます。

寄付について

関口グローバル研究会(SGRA:セグラ)事務局
〒112-0014
東京都文京区関口3-5-8
(公財)渥美国際交流財団事務局内
電話:03-3943-7612
FAX:03-3943-1512
Email:sgra-office@aisf.or.jp
Homepage:http://www.aisf.or.jp/sgra/
*********************************************